最終更新日:2020年11月8日

Nadeca

株価は1日でどの程度変動するのか?長期的なデータを集計してみる。

Python matplotlib

こんにちは。Nadecaです。

株価は1日でどの程度変動するのか。これについてpythonを使い実装していきたいと思います。 短期的な値動きにはほとんど関心のない私ですが、pythonを使うと簡単に実現出来てしまいますので、備忘録として残しておきます。 早速コーディングしていきます。 まずは必要なライブラリをインポートします。

import pandas as pd
import pandas_datareader.data as web
import matplotlib.pyplot as plt
from datetime import datetime
import seaborn as sns

とりあえず過去1年を振り返ってみましょう。

end = datetime.now()
start = datetime(end.year - 1,end.month,end.day)

まずは私の大好きなAppleとバンガードの債券ETFであるBNDを比較してみます。 余談ですが、私はアップル信者です。アップルストアという空間にいるだけでライフポイントが回復します。MacBookとiPhoneは私にとって最大のパートナーと言えるでしょう。本当にどうでも良い話ですが。

AAPL = web.DataReader('AAPL', 'yahoo', start, end)['Adj Close']
BND = web.DataReader('BND', 'yahoo', start, end)['Adj Close']

変化率を求めるには、pct_change()を使います。株を買うよりも簡単ですね。

AAPL=AAPL.pct_change()
BND=BND.pct_change()
AAPL.plot(figsize=(10,8),legend=True,linestyle='-',marker='',label="AAPL")
BND.plot(figsize=(10,8),legend=True,linestyle='-',marker='',label="BND")

驚く事にこれだけでグラフがプロット出来ちゃいます。まあ簡単。

image AAPLもBNDもコロナショック直後は激しい値動きをしていますね。AAPLは前日比で10%以上の値動きをする日もちらほら。それ以外の日は概ね±5%以内におさまっています。 お次はAAPLとTECLを比較してみましょう。TECLというのは情報技術セクターにレバレッジを掛けた商品で、結果論で言えば、圧倒的なパフォーマンスを残しています。 こうなる事が分かっていれば私は全力でテクったのですが、ビビリな私はしくしくとVTを買い増す事しか出来ません。 さて、AAPLとTECLの比較は以下の様になります。

image

恐ろしいのはTECLの変動幅。コロナショック直後は1日で30%以上動く日もちらほら。アップルの変動率が霞んで見えますね。1,000万円の投資資金が一晩で300万円以上減ったり増えたりするのですから、私なら心臓バクバクで眠れないです。うん。心身に悪い。 それ以降でも10%以上動く日がちらほらありますから、やはりレバレッジ商品の威力は凄いですね。 では最後にSPY(S&P500連動ETF)の10年分のデータでヒストグラムをプロットしてみましょう。end =

datetime.now()
start = datetime(end.year - 10,end.month,end.day)
SPY = web.DataReader('SPY', 'yahoo', start, end)['Adj Close']
SPY=SPY.pct_change()
plt.figure(figsize=(14,8))
sns.distplot(SPY.dropna(),bins=100)
end = datetime.now()
start = datetime(end.year - 10,end.month,end.day)
SPY = web.DataReader('SPY', 'yahoo', start, end)['Adj Close']
SPY=SPY.pct_change()
plt.figure(figsize=(14,8))
sns.distplot(SPY.dropna(),bins=100)

image 概ね±5%以内におさまっていますね。まあ予想通りの結果ではありますが、pythonを使う事でこんなグラフも簡単にプロット出来ちゃうよって事が分かって頂ければ十分かなと思います。


Nadeca

アラサー会社員。定期でVTを買うだけの退屈な投資。

お知らせ

おすすめ記事